脱毛ジェルの必要性

カミソリや脱毛クリームを使ってムダ毛を自己処理するだけでなく、エステサロンへ通って脱毛する女性が増えています。さらに、髭や体毛を処理する男性向けの脱毛サロンも人気を集めています。

エステサロンでの脱毛は光やレーザーを使った脱毛機器が主流となっていますが、脱毛機器を使用する際に脱毛ジェルを使用するサロンと使用しないサロンがあります。こちらでは、脱毛ジェルの必要性についてご説明したいと思います。

やけどを防ぐ

光やレーザー脱毛は光を当てて毛根にダメージを与え、毛を生えさせないようにしています。肌の奥にある毛根にダメージを与えるほど強い光なので、肌に直接当たると表面の皮膚もダメージを受けてやけどする恐れがあります。脱毛ジェルを使用しないサロンでは、やけどを防止するために保冷剤で肌を冷却してから、光を当てている所が多いと思います。

保冷剤の場合、きちんと肌が冷えているか見た目で確認することができないため、誤って冷えていない部分に光を当ててしまい、お客様が痛みを感じてしまうことがあります。脱毛ジェルの場合、脱毛する箇所にまんべんなく脱毛ジェルを塗ることで、肌へのダメージと痛みを和らげてやけどを防ぐことができます。

肌を保湿する

脱毛をする際は肌を保湿することも大切です。乾燥している肌は光やレーザーを当てると痛みを感じやすく、やけどもしやすいです。そのため、脱毛の前には肌を保湿する必要があります。乾燥による肌荒れを懸念して脱毛クリームを使って自己処理している女性もいらっしゃると思います。脱毛ジェルには乾燥した肌に潤いを与える効果もあるので、乾燥肌の方でも安心して脱毛ができます。

脱毛ジェルを購入するなら

コスト削減などの理由で脱毛ジェルを使っていないサロンもあるでしょう。当ショップでは、品質を保ったままコストを削減して作った自社ブランド生産の脱毛ジェルを販売しております。サービスの質を落とさずにコストを下げたいというサロン様におすすめです。脱毛ジェルをお探しの方は、ぜひ当ショップをご利用ください。



  • 当店は会員登録制のエステ用品販売店です
  • 新規会員登録はコチラ
  • お買い物ガイド
取り戻す 自身と自信-アイヘアー